【積立方法・積立銘柄】楽天証券での積立投資

資産運用
スポンサーリンク

私は楽天証券でのインデックス積立を推奨しています。

特に直近の不安定なマーケットではインデックス積立が旨味が増えているのではないでしょうか。

 

例えば昨日(11月26日)は南アフリカでのコロナウイルス変異型の影響でリスクオフ。

株式や石油価格が暴落、債券価格が上昇という展開でした。

 

株価のブラックフライデーとも言えるような状況でした。

皆さんは直近の動きをどのように捉えられているでしょうか?

 

目まぐるしいセクターローターションに追従するのは至難の業ではないでしょうか?

個別株を購入していると、

どうしてもセクターローテーションの影響を受けてしまいます。

 

私はやはりインデックス投資が最強であると考え、

直近、インデックス積立比率を引き上げています。

今回は楽天証券での積立について、

増えていこうと思います!

スポンサーリンク

楽天証券の積立投資

楽天証券で積み立てる理由

有名な話ではありますが、楽天証券では楽天カードでの積立が可能で、

カードのポイント還元が1%あります。

投資した瞬間に1%のリターンがあると考えると素晴らしいですよね。

ただカード積立の上限が5万円となっています。

5万円の積立も相当な額ですが、

本気でFIRE目指す方々にとっては少々少ない金額ですよね。

楽天証券で積立可能な銘柄

楽天証券の積立は投資信託のみ可能です。

言い換えるとETFの積立は不可能です。

 

ただ私にとってこれは大きな問題ではありません。

なぜなら積立投資については、

基本的に「ガチホ」する戦略のためです。

ETFは上場しているため、

売買しやすいなどのメリットはありますが中身については基本的に同じです。

投資信託で積み立てるべき銘柄

ETFではVT/VTI/VOOの3銘柄が有名ですね。

これらはバンガード社が運用するETFになりますが、

VOOを除き投資信託でも同様の銘柄に投資することが可能です。

楽天インデックス投資信託銘柄

下記記事でもまとめていますが、

私のおすすめはVT/VTIなので、

VOOが積立不可能でも全く問題ないです♪

ETFを積み立てたい方

楽天証券では残念ながら不可能です。

ETFを積み立てるには、

SBI証券やマネックス証券がおすすめです!

楽天証券での5万円以上積み立て

メリット・デメリット

・VT/VTIに対応する投資信託があるので十分
・証券口座を楽天に絞った運用ができるので便利
・ETFには積立投資不可能
・カード積立ができずポイント還元なし
(SBI証券で積み立てれば5万円まで住友カードでのポイント還元あり)

楽天証券における5万円以上の積立方法

楽天証券TOPページから投資信託TOPページに飛びます。

そこから緑の積立注文をクリックし銘柄を入力します。

引き落とし方法で証券口座を選択し、

金額を入力すれば完了です。

最終確認として、

投資信託TOPへ戻り積み合って設定照会・変更・解除を選択。

毎月の積立設定額が希望通りの金額になって入ればOKです!

最後に

私のような素人はインデックスを所有することが不可欠だと思います。

ポートフォリオの割合などは各個人のリスク許容度次第なので、

具体的なアドバイスは難しいですが…

 

毎月5万円以上投資信託を積み立てたい!という方のお力になれれば幸いです。

目先の動向に左右されず、

長期にわたってガチホできるという意味では、

インデックスほど優れている商品はないかと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

金融リテラシ―でお金を守ろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました