【キャリア】「社会人まず3年頑張れ」の意味

キャリア
スポンサーリンク

どうも、こんにちはTAKAです。

気づけば社会人ももう少しで4年目となる社会人です。

 

巷では良く、

「社会人まず3年頑張れ」と言います。

 

私は入社時から仕事のやる気が出ず、

「3年?根拠もないくせに」と考えていました。

「どうして先輩やおじさん方は仕事を頑張れるのだろう?」

今になって意味が分かってきた気がします。

スポンサーリンク

TAKAの自己紹介

3年目のメーカーサラリーマンです。

これまで仕事が楽しいと思ったこともあまりなく、

このままずっと働き続けることはつらいなぁと考えているタイプです。

そのため3年間働いてきました!というよりは、

文句言いつつも過ごしていたら気づいたら3年経っていたという感覚です。

こんな私でも気づきがあったので共有させてください。

社会人まず3年頑張れの意味

入社3年の過ごし方

私は一般的な日系企業の入社3年しか知らないですが、

1年目は社会人の勉強、

2年目は業務の勉強、

3年目は少しずつ仕事でアウトプットを出せるか出せないかのレベル

かと思います。

 

これには個人差がありますが、

多くの人が入社3年目・4年目で初めて仕事を行うようになるのです。

つまり1~2年目では仕事をしているというよりか、

ひたすら学習をしている感覚です(=インプットメイン)

これでは面白くないですよね…

入社4年目以降の過ごし方

もちろん仕事でアウトプットを出せるようになることが大きな変化ですが、

これに加えてもう一つ大きな変化があります。

それは責任が発生するようになるのです。

もちろん3年目までも責任は発生していました。

ただそれは自身のアウトプットに対してのみです。

 

ただ4年目以降は他者に対して責任を負うのです。

具体的には「職場に後輩ができた」「小さなグループを任せられた」等です。

 

こうなると働き方は大きく変わります。

自分の事だけでなく、後輩やグループメンバーの面倒を見なければなりません。

私は3年目の途中から他者に対する責任を負っているのですが、

こうなると「楽しい」「つまらない」という感情面以外で突き進めるようになります。

 

それは私を待っている人がいるから、

私が手を抜くと迷惑をかける人たちがいるからです。

私はこの責任感が4年目以降の働き方ではモチベーションになると考えています。

この感覚は案外嫌いではなく、

今後、これまでよりは使命感を持って働ける気がしています。

3年目までに仕事を辞めたい人へ

私もかつて言われてきたように、

私はまず3年間、働くことをお勧めします。

 

ただ「苦しい」「つらい」などの感情があまりに続くようでしたら、

逃げ出してください。

3年働くのは必ずしも同じ会社でなくても大丈夫です。

他者への責任が発生するタイミングが少し遅くなるかもしれないくらいで、

大きな問題ではありません。

 

まずは自身を守ることに徹してください。

投資のすすめ

もしあなたが仕事辞めたいと思っているなら投資を始めてください。

投資は将来の自由につながります。

もし本気で仕事を辞めたいなら投資等で資産形成するのが、

手っ取り早いです。

資産形成できた段階で、

会社員を続けるのかどうか決めるでもいいと思います。

 

一生会社員として働くイメージがわかない方は、

是非投資を始めてみてください。

仕事以外を充実させよう

これが極めて重要です。

友人と過ごす、趣味没頭するなど仕事以外にやることを見つけてください。

人生は仕事だけであるべきではないです。

仕事のために生きるもよし、趣味のために生きるもよしです。

もしここで生きがいを見つけられれば、

仕事を頑張る気にもなるはずです。

最後に

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

「仕事を辞めよう」は誰しもが考えることだと思います。

ただ耐えられそうな方は「まず3年」我慢することをお勧めします。

その間に趣味や投資など人生の希望を見つけましょう。

 

投資に関する情報は本ブログでも発信していますので、

目を通してみてください。

皆さんの人生が豊かになることを祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました