積立NISAのすゝめ

スポンサーリンク

どうもこんにちは、TAKAです。

今回も前回同様、NISAについてお話します。

NISAには2種類ありましたね、そうNISAと積立NISAです。

簡単に復習すると、

NISAは対象期間が5年と短い一方で上限金額が120万/年、

積立NISAHは上限金額は40万/年と低いものの対象期間は20年と長い

でしたね。それぞれメリットがあるかとは思います。

このブログの対象者は運用初心者です、

私個人としてはそんな皆さんに積立NISAをお勧めします。

年40万円とは言えど月に¥33,333は投資できますからね。

社会人1年目の時には簡単ではない金額でした(笑)

じゃあある程度、お金があればNISAの方がいいのか?というお話ですが、

必ずしもそうではないかと思います。

逆に資金もあり、買いたい個別株 (特定の会社の株)がある方ならNISAでも

良いかとは思いますが、それ以外の方には積立NISAを進めます。

私が積立NISAを進める理由は、

➀長期投資 ➁積立投資(ドル・コスト均等法) ➂分散投資

といったリスクを低減させる三種の神器が使えるからです。(詳細は次回説明)

今回はリスクを低減させる三種の神器を使えるから積立NISAを勧めていると記憶してください、説明したらきりがないくらい奥の深い世界ですので(笑)

NSIA、積立NISAのどちらを選択してもまず、証券口座の開設が必要です。

人気なのは楽天証券やSBI証券に代表されるネット証券でしょうか。

なにしろ手数料が安い!

ちなみにTAKAは楽天証券をつかっています。

理由は積立にクレジットカードが使えるからです。

皆さんこのインパクトが分かりますか?

クレカ使える=1%還元=利回り1%なのです!!

株を買った瞬間に1%返ってくる、こんなに確実な投資は他にありません(笑)

運用は利回りが5%前後、年に5%程度お金が増えていくことが多いことを考えるとクレカ積立がどれだけ偉大かお分かりいただけたでしょうか。

具体的な銘柄選びや、先ほどのリスク低減の三種の神器についてはまた次回説明していきます!

金融リテラシ―で資産を守りましょう!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

TAKA

コメント

タイトルとURLをコピーしました